2004年にマンチェスター大学の2人の研究者によって初めて発見された純粋なグラフェンは、厚さが1原子であることから2次元物質と呼ばれています。

グラフェンは非常に強く(鉄の200倍の強度)、加工前のグラファイトを超えるいくつかの優れた新しい特性を持っています。

二層グラフェンと数層グラフェンは、単層内で同じ大きさの範囲を持っています。

【グラフェンで測定された特性】

層数が増えると、これらの特性は著しく低下します。

そのため、低層フレークを多く含むグラフェン粉末のみを厳選。

元の単層フレークで測定したグラフェンの特性は以下のとおりです。

  • 耐熱:高温で分解せずに安定している
  • 熱伝導率:完璧な熱伝導体(5,000W/(m-K)以上の熱伝導率)
  • 導電率:高速で効率的な導電体
  • 吸光度:光のすべての周波数を吸収します(レイヤーあたり2.3%)
  • 通気性:気密 酸素の侵入を防ぐ
  • 化学的安定:不活性材料(耐薬品性を高める)
  • 機械的強度:抗張力(1.30GPa ヤング係数> 1TPa)
【グラフェンの展望】

グラフェンは、さまざまな産業に革命を起こす可能性を秘めています。 導電性と熱伝導性を持ち、効率的な機械的強度を持つ材料として、以下のような多くの可能性を秘めています。

  • 複合材料
  • 電源
  • 塗料
  • センサー
  • 生物学
  • エレクトロニクス産業
グラフェンはバイオメディカルセンサーの開発に利用されている
グラフェンは、複合材料の強度と柔軟性を高めることができます
【グラフェン製品】

グラフェンパウダー

グラフェン断熱フィルム

酸化グラフェン(GO)
グラフェンの複合
マスターバッチ
グラフェン導電性
コーティング
グラフェンリチウムイオン
電池フィルム
熱伝導性グラフェンの
コーティング

グラフェン繊維
グラフェン
エンジンオイル
【発泡セラミック】
発泡セラミックの動画